企業分析

【5分で読める】武田薬品工業の転職難易度・年収・面接・ホワイト企業度を紹介

こんにちはこっきんです

今回は武田薬品工業についてです

武田薬品工業にどんなイメージを持っているでしょうか?

武田薬品工業といえば、従業員数は連結で49,578名、売上高は3.2兆円を誇り、70ヶ国以上に事業基盤を有するグローバル製薬企業です

そんな武田薬品工業に転職したい人は多いと思います

そんな事を思っている人は

  • 武田薬品工業に転職したいけど転職方法が分からない
  • 武田薬品工業の年収や試験内容について知りたいけど探し方が分からない

こんな事で悩んでいませんか?

そこで今回は、転職に必要な情報を信頼できる情報源の、就職四季報・口コミサイト(openwork転職会議)・公式ホームページ・求人情報から一つにまとめました

この記事を読む事でこんな事がわかります

  • 武田薬品工業へ転職したい時に必要な情報が、この記事一つで分かる
  • 武田薬品工業の職場環境が分かる事で、企業体質に合うか合わないかの判断が入社前に出来る

この様なメリットがありますので是非、最後まで読んで下さい

それでは早速、結論になります

  1. 70ヶ国以上に事業基盤を有するグローバル製薬企業である事
  2. 求人数は多いが、転職難易度は高く、専門的な(医療系・電気系・機械系)知識・経験が必要
  3. 30代で年収500万円〜800万円は狙える企業
  4. 休みが多く、福利厚生も整っており、健康面へのサポートが手厚い
  5. 自己PR・面接では信念を持ち、自ら学び変化することが出来る人材である事をアピールする事が大切
  6. シンプルな質問が多く、自分の思いを論理的かつ端的に答える事が重要
  7. ホワイト企業度は高く、休み・福利厚生の充実と女性への配慮が為されてる企業
  8. 転職成功したいなら、無料で対応してくれる、こちらの(リクルートエージェントdoda)転職エージェントのどちらかがおすすめ

この様になっておりますので、その理由を詳しく紹介してきます

※なお、時間が無い人へ

  • 結論
  • 蛍光箇所及び箇条書き箇所
  • 転職方法のまとめ
  • ホワイト企業度

この部分については5分で読めますので、時間がない方は、そこだけでもチェックしてみてください

それでは本題に入ります

武田薬品工業の特徴

出典:公式ホームページ

武田薬品工業は「武田薬品」という略称で身近な薬品を扱っていることで、よく知られている大企業で、なんと医療用医薬品の分野では国内シェアNo.1を誇っております

代表的は製品としては

  • アリナミン
  • ベンザブロック
  • タケダ漢方便秘薬

この様な商品が有名ですね

強みととしては、新興国と先進国問わず、70ヶ国以上に事業基盤を有するグローバル製薬企業という点です

今後の展望としては引き続き新薬の開発や海外事業の拡大を行っていくとしております

武田薬品工業の転職方法・求人情報

出典:公式ホームページ
  • 働ける職種
  • 年収
  • 休み・福利厚生
  • 転職するためのスキル・経験
  • 求める人材
  • 試験・面接対応
  • 転職方法のまとめ

この項目を紹介していきます

武田薬品工業で働ける職種

公式ホームページによりますと

  • 営業
  • 調達
  • 経理、人事、総務
  • 研究開発
  • 品質保証

などの職種で働く事ができます

2021年9月時点では首都圏及び山口県を中心に様々な職種で56件の求人がこちらのリクルートエージェントdoda)転職エージェントで多く確認できましたので是非、確認してみて下さい

また、転職エージェントの使い方について知りたい方はこちらの記事から確認できます

武田薬品工業の年収

口コミサイト(openwork転職会議)によりますと

出典:open work
出典:転職会議

この様になっております

データを総合的に判断すると30代で年収500万円〜800万円を狙える企業となっております

この年収に魅了を感じる方はこちらから(リクルートエージェントdoda)転職の検討を

武田薬品工業の休み・福利厚生

求人情報及び公式ホームページによりますと

休みは

  • 年間有給休暇12日~20日
  • 年間休日日数123日
  • 完全週休2日制(土・日)※勤務地により一部振替あり
  • 特別有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、子の看護休暇、介護休暇、長期ボランティア休職制度 等(※製造時には、夜勤や土日出勤が発生する可能性があり)

福利厚生は

  • 社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
  • 通勤手当 、家族手当 、住居手当
  • 寮・社宅制度(借り上げ社宅・寮を含む)
  • 武田薬品厚生年金基金
  • 海外留学制度、語学研修制度、職責者研修等の階層別教育 等
  • テレワーク勤務制導入(対象社員)
  • 福住宅資金融資、財形貯蓄、従業員持株会、契約保養所など

この様になっております

年休数が123日で多く、福利厚生も充実しており、生活にゆとりを持てる企業となっております

また、インフルエンザワクチン摂取や乳がん検診、子宮内検診などを無償で受けれ事が出来る制度もあり、社員を大切にしている企業と言えます

この休み・福利厚生に魅了を感じる方はこちらからリクルートエージェントdoda)転職にチャレンジしてみて下さい

武田薬品工業の転職難易度

転職難易度は高いと判断しました

理由としては医療・薬品に関するコアスキルや工場の保全業務を行うために必要な資格やスキルが必要だからです

具体的には

  • GMP業務経験(製造部門、技術部門、品質部門など)5年以上
  • クリーンルーム内における何かしらの業務経験
  • 電気系または機械系の高専卒業または大学卒業あるいは同等の知識、経験

などの知識に加えて英語力も必要な職種もあります

しかし、医療や製薬業界出身者では無くても、工場内で働いていた経験や電気系や機械系の知識・経験があれば転職成功は十分狙える企業となっております

なのでその様な知識・経験がある方は是非こちらからリクルートエージェントdoda)転職にチャレンジしてみて下さい

武田薬品工業が求める人材

公式ホームページによりますと

信念を持ち、自ら学び変化することが出来る人

この様になっております

理由としては、医療現場では医療技術は日々進歩していますし、それに合わせて医療制度や保険制度も変わっていき、同様に医薬品に対するニーズも変化するためです

そのため、時代の合わせて変化出来、学び続けれる人材を求めております

なので、信念を持ち、自ら学び変化すること出来る人材である事を自己PRや面接でアピールする必要があります

もっと詳しく知りたい方はこちらのリクルートエージェントdoda)転職エージェントから情報収集する事をオススメします

武田薬品工業の試験・面接対応

公式ホームページ及び口コミサイト(openwork転職会議)によりますと

試験内容は

  • エントリー
  • 書類選考(2週間程度)
  • Web適性検査受検
  • 面接(一時面接→最終面接)
  • 内定

この様な流れで実施されます

また、面接時の質問内容については

  • 志望動機
  • 前職での経験をどの様に生かしたいと考えているか
  • 自分を一言を表すとどんな人物ですか

などの質問が多い様です

また、面接概要・アドバイスについては

  • シンプルな質問が多い分、面接官の印象に残る回答をする事が難しい
  • 意地悪な質問や圧迫感がある面接官はいないので落ち着いて面接に臨む事が大切
  • 面接の最初は緊張感があるが進むにつれて和やかな雰囲気で面接が進んでいった印象

などの意見がありました

質問がシンプルな為、普通に答えも面接官の印象に残りましせん

その為、質問に対して回答は定型文では無く、自分の思いを論理的かつ端的に答える事が重要になってくる様です

なので面接練習では論理的に答える練習を重点的にする事が大切になります

面接対策については、実績があるこちらのリクルートエージェントdoda)転職エージェントを活用する事をオススメします

転職方法・求人情報のまとめ

ここまでまでも内容をまとめると

  • 求人数は多いが、転職難易度は高く、専門的な知識・経験が必要
  • 30代で年収500万円〜800万円
  • 休みが多く、福利厚生も整っており、健康面へのサポートが手厚い
  • 信念を持ち、自ら学び変化することが出来る人材である事をアピールする事が大切
  • シンプルな質問が多く、自分の思いを論理的かつ端的に答える事が重要

この様になっております ここまでの内容で転職したいと思った方はこちらから(リクルートエージェントdoda)転職のご検討を

口コミ・評価から分かる武田薬品工業のメリット・デメリット

出典:open work
  • 残業時間は23.4時間で業界平均より少ない
  • 有給消化率65.2%で業界平均より低い
  • 全体的な評価は業界平均より高い

この様になっております

それではメリット・デメリットを紹介します

武田薬品工業のメリット

メリットは

  1. グローバル化がかなり進んでいる為、世界で戦えるスキルが身に付く
  2. 成果に見合った評価がされる為、働くモチベーションを高く保てる
  3. 業務時間外の連絡に配慮が為されており、仕事のON・OFFの切り替えがしっかり出来る
  4. 研修や資格取得制度が整っており、自分次第ではどんどん成長できる
  5. 育児・出産に関する制度も整っており、職場復帰方法も確立されている為、安心して出産・育児が出来る

この様なメリットがあるとの意見がありました

特に評価制度が確立されており、若手でもどんどん成果を出せば評価される企業なので、働くモチベーションが高い社員さんが多い様です

逆に頑張れない人は、職場で浮いたり、疎外感を感じる社員さんもいる様なので、しっかり仕事を頑張りたい人におすすめの企業です

武田薬品工業のデメリット

デメリットは

  1. 個人の裁量で仕事が出来るが、自己管理が出来ない人が転職したら後悔する
  2. 上司と上手くやって行かないと、働き難い職場になってしまう
  3. グローバル化により、日本人が活躍できるチャンスが減っている

などの意見がありました

特にグローバル化についていけなかった人の中には、上司から早期退職を告げらた社員さんもいらっしゃる様です

なのでグローバルな視点を持っている人でないと働く事は難しい様です

ホワイト企業度

ホワイト企業度は高いと判断しました

理由としては、休み、制度、評価については良い点が多いのですが、一つ気になる点があったからです

それは、「上司と上手くやっていかないと、働き難い職場になってしまう」との意見が多く、上司の機嫌を伺いながら働いている人が他の企業と比べて多かった為、少し気になりました

しかし、その他については

  • 年休数123日とても多い事
  • 福利厚生の充実、女性への配慮がされている制度が整備されている事
  • 仕事のON・OFFの切り替えが出来る様な配慮がある事

など素晴らしい面が多くある企業です

なので、気になる方は自分が武田薬品工業の社員に向いている人材なのかをこちらの(リクルートエージェントdoda)転職エージェントと面談して確かめてみて下さい

まとめ

最後に結論になります

  1. 70ヶ国以上に事業基盤を有するグローバル製薬企業である事
  2. 求人数は多いが、転職難易度は高く、専門的な(医療系・電気系・機械系)知識・経験が必要
  3. 30代で年収500万円〜800万円は狙える企業
  4. 休みが多く、福利厚生も整っており、健康面へのサポートが手厚い
  5. 自己PR・面接では信念を持ち、自ら学び変化することが出来る人材である事をアピールする事が大切
  6. シンプルな質問が多く、自分の思いを論理的かつ端的に答える事が重要
  7. ホワイト企業度は高く、休み・福利厚生の充実と女性への配慮が為されてる企業
  8. 転職成功したいなら、無料で対応してくれる、こちらの(リクルートエージェントdoda)転職エージェントのどちらかがおすすめ

この様にまとめました

本気で転職したい人は転職エージェントの利用をお勧めします
理由は、優良企業は人気で転職難易度も高い場合が多い為です

また、応募から書類の添削、面接対応、志望動機の整理など、転職に関する事を無料で全てサポートしてくれる為、人気で転職難易度が高い企業でも転職成功率を上げる事ができます

私がホワイト企業へ転職した時も転職エージェントを利用しました

なので、転職エージェントを利用する事を勧めます

私が実際に利用して良かった転職エージェントはこちらから確認出来ますので、併せて確認してみて下さい

以上になります

最後まで読んで頂きありがとうございました

ABOUT ME
こっきん@ホワイト転職ブロガー
ブラック企業から大手メーカーへホワイト転職に成功させた20代 大手インフラ系企業に就職→地元中小企業に転職(ブラック)→1年かけて業界No.1のホワイト企業へ転職を成功!! ホワイト企業へ転職したい人向けに情報を発信中