ホワイト企業

【知って損は無い】ホワイト企業にいる上司の特徴を紹介します

今回はホワイト企業にいる上司の特徴を紹介します

ホワイト企業へ入りたいと思っている人は多いと思います

なのでホワイト企業への転職方法を必死に探しますよね

そんなホワイト企業にはどんな上司がいるのか、掘り下げて知りたいですよね

また、ホワイト企業の上司がどんな特徴があるのか知って本当に自分がホワイト企業に向いているのか判断したい人は多いはずです

しかし、ホワイト企業にいる上司の特徴を紹介した情報が少なく、入社してからしか分かりません

なので今回はホワイト企業で働いている私が感じるホワイト企業の上司の特徴について紹介したいと思います

この記事を読むとホワイト企業にいる上司の特徴が分かり、自分がホワイト企業の上司と上手くやれるかの判断材料になりますので是非、最後まで読んで下さい

では早速結論です

結論
  1. 部下の事を常に考えてくれる
  2. プライベートには干渉してこない
  3. 不要に飲みに誘わない
  4. チームワークを大事にする
  5. 感情的に怒らない

この様になります

それでは解説します

ホワイト企業の上司の特徴

全ての人がこの様な特徴に当てはまる訳ではありません

あくまでもその様な上司が多いという事を前提に読んでください

部下の事を常に考えてくれる

ホワイト企業の管理職は部下の事を大事にすると、部下達が自分の為に頑張って働いてくれる事を知っており、仮にミスをしたとしてもそれをカバー出来るぐらいの力を持っています

具体的な行動としては

  • 仕事の進捗状況を気にしてくれる     
  • 相談しても的確にアドバイスする     
  • 部下のトラブルを全力でフォローしてれる     
  • 仕事が成功した時は労ってくれる

この様に常に部下の状態を気遣ってくれます

こっきん
こっきん

私の上司は「ミスをしても良いから思いっきり頑張りなさい」とおっしゃるのでミスを恐れずに仕事が出来ています

なので部下としてその人の為に頑張ろうとも思う様になりますね

プライベートには干渉してこない

ホワイト企業の上司は部下に休みの日にも仕事の人と会うと、本当の意味で休む事が出来ずに仕事のポテンシャルが低くなる事を理解しているからです

その為、部下は休みを充実出来、仕事もモチベーションを高く保つ事が出来ます

具体的には

  • 休みの日にゴルフに誘わない     
  • 仕事中もプライベートについて聞いてこない     
  • 会社のイベントも断っても大丈夫な環境を作ってくれる

この様に普通の会社だったらありそうなイベントなども少なく、仕事とプライベートを切り分けたい人には良い環境だと思います

こっきん
こっきん

一見、ドライな関係に見えますがプライベートまで仕事の事を考えなくて良いのはホワイト職場の特徴です

私もその様な関係のお陰でプレイベートでは仕事の事を考えずに過ごす事が出来ています

不要に飲みに誘わない

ホワイト企業の上司は常に部下にプレイベートを大事にしたい気持ちがあります   

その為、上司側からは飲みに誘うことは基本的に無いです   

しかし、大きな仕事が1段落したから打ち上げ等もありますが、それ以外では普通の企業に比べれば少ないです

具体的には

  • 当日に特に理由も無く誘わない     
  • 飲み会が有ったとしても強制しない

この様に必要の無い飲み会に誘わないだけで部下からの誘いには時間が合えば付き合ってくれるので、良い距離感で上司と付き合う事が出来ます

こっきん
こっきん

私が悩んでいる事を察知してくれてた上司が「相談なら乗るぞ」とおっしゃって下さったのでので飲みに誘った所、気持ち良く付き合ってくれました

全員ではありませんがその様な上司が多いのもホワイト企業のメリットですね

チームワークを大事にする

社員がお互いを助け合い、トラブルが起きてもチームで乗り切れば早期解決に繋がる事を知っているからです    

チームワークを良くするために上司は部下に色々な事を施してくれます

例えば

  • 部下とのコミュケーションが積極的    
  • 相談しやすい環境を作ってくれる     
  • 部下それぞれの得意・不得意を把握し、的確に人位配置してくれる

この様にする事によって上司・部下関係なく相談出来る環境が出来、部下は伸び伸びと仕事が出来ます

こっきん
こっきん

ホワイト企業の上司は仕事を振るのも上手い様に感じますね

感情的に怒らない

ホワイト企業の幹部は感情で人に怒る人が上に立つと職場環境が悪くなるのを知っており、そもそもホワイト企業はその様な人を管理者のポストには就かせないからです    

また、会社全体も余裕を持って仕事をしている為、イライラを抱えてる人が少なくため感情的に怒る人が少ないです

例えば

  • 怒鳴らない
  • 怒る時も冷静
  • 職場から怒号が聞こえな

など普通の事ですが、それこそブラック企業では怒号などが頻繁に聞こえるのでホワイト企業に転職すると感情的に怒る人が少ないので心を穏やかに仕事をする事が出来ます

こっきん
こっきん

私の場合、以前はブラック企業で働いていた為、怒鳴られる恐怖に怯える事無く仕事が出来る事が本当に嬉しく感じます

この様な上司がいるホワイト企業の探し方

特徴が分かった所で次はホワイト上司の探し方になります

探し方を実践して転職すると職場環境や思っていた上司の違いに戸惑う事が無くなると思います

口コミサイトで検索

理由としては企業の口コミサイトは今、働いている人が投稿するので職場のリアルな状況を確認する事が出来るからです

具体的な方法については口コミサイトで気になっている企業の口コミを検索します     

するとその企業に関する情報を見る事が出来ますのでそので確認して見るとどんな職場でどんな上司がいるか確認出来ます

お勧めはopenworkになります

こっきん
こっきん

注意点としては中には不満をぶち撒けている投稿も中にはありますので投稿内容を総合的に見て判断しましょう

面接で確認

面接を対応するのは中小企業だと社長や幹部、大企業ですと人部部長や配属予定の担当部長が対応する事が多いです    

なので入社後にその面接官たちが直属上司になります

その為、面接官の態度や対応などでホワイト上司なのか判断出来ます

見るポイントは

  • 圧迫面接では無いか
  • 態度は良いか
  • 逆質問にも紳士に答えてくれる

この様なポイントに注意する事でホワイト上司なのかが判断出来ます

こっきん
こっきん

面接はホワイト上司なのかを判断する最後の手段になりますので質問に答えるだけでは無く、その点もしっかり確認しましょう

まとめ

それではまとめになります

この様にまとめました

まとめホワイト企業の上司は)
  1. 部下の事を常に考え、上司の為に働きたくなる人
  2. プライベートと仕事をきっちり切り分けている人
  3. 不要な飲みには誘わず、部下の誘いには乗ってくれる人
  4. 常に冷静で指導する時も論理的な人
  5. 口コミサイトで職場のリアルが分かる
  6. 面接官の態度で職場での態度が分かる

以上になります

最後まで読んで頂きありがとうございました

もしホワイト企業に転職したと思った方は是非こちらの記事もチェックして見てください

ABOUT ME
こっきん@ホワイト転職ブロガー
ブラック企業から大手メーカーへホワイト転職に成功させた20代 大手インフラ系企業に就職→地元中小企業に転職(ブラック)→1年かけて業界No.1のホワイト企業へ転職を成功!! ホワイト企業へ転職したい人向けに情報を発信中