ホワイト企業

【今直ぐ出来る】ホワイト企業の見つけ方を5ステップで解説

こんにちはこっきんです

今回はホワイト企業の見つけ方について解説します

悩んでいる人
悩んでいる人

ホワイト企業に入りたくて見つけ方が分からないし、失敗もしたくないので転職成功者の実践してきた事を知りたい

こんな事に悩んでいる人は多いのではないのでしょうか?

また、自己流で探していても見つからなかったり、本当にあっているか不安になりますよね

しかし、ホワイト企業の見つけ方を紹介している情報の殆どが転職エージェントが紹介しており、中々、転職成功者が実体験を元に紹介している情報が少ない様に思えます

そこで今回はブラック企業で働きながらホワイト企業へ転職を成功させた私が試行錯誤して編み出したホワイト企業の見つけ方を紹介します

この記事を読む事によって、ホワイト企業が見つける事が出来、転職成功につながります

更に、見つける時の注意点の合わせて紹介しますので失敗のリスクも軽減出来る内容になってますので、是非最後まで読んでください

では早速結論になります

結論:ホワイト企業の見つけ方
  • ステップ1:求人情報の内容をチェックする
  • ステップ2:就職四季報で3年後の離職率を確認する
  • ステップ3:口コミサイトで企業内部の本音を探る
  • ステップ4:転職エージェントに相談
  • ステップ5:面接官の態度で判断
結論:見つける時の注意点
  1. 転職の軸を見失わない
  2. 様々な情報を総合的に見て判断する

以上になります

それでは早速解説になります

ホワイト企業の見つけ方

求人情報の内容をチェックする

理由としては求人情報で、ある程度ホワイト企業なのか判断出来るからです

具体的にはこの様になります

  • 給料体系が詳しく記載されている
  • 競合他社より不気味に年収が高くない
  • 平均残業時間がしっかり記載してある
  • 手当について記載がある
  • 休暇制度についての記載がある
  • 具体的に記載してある

この様な点に注意して確認する事が重要になります

ホワイト企業はこの様な項目を詳細に記載している傾向にありますので求人を情報を隅々まで確認しましょう

こっきん
こっきん

逆にブラック企業は記載出来る内容が少ないため全体的に薄っぺらな情報しか無い事が特徴です

就職四季報で三年後離職率を確認する

理由は求人サイトや企業のHPでは記載が無い事が多いので就職四季報を使って確認する必要があります

ではなぜ3年後の離職率を確認する理由はホワイト企業は定着率が良く、社員が長く働きます

なので3年後の離職率を確認する事によってホワイト企業の特徴に当てはまっているか判断出来ます

目安としては、3年後の離職率が30%以下であるとホワイト企業の可能性があります

なので就職四季報で3年後の離職率を確認しましょう

こっきん
こっきん

就職四季報は他にも”有給所得率”、”平均収入”、”求める人材”などの情報も紹介されていますので併せて確認しましょう

口コミサイトで確認

理由は職場のリアルな状態を把握するためです

いくら待遇が良くてもパワハラが横行していたらホワイト企業とは呼べません    

また、有給休暇や福利厚生の制度が良くても実際に使える状況でなければ意味がありませんのでリアルな企業情報を知るするために口コミサイトで確認する必要があります

具体的に確認する内容はこの様になります

  • 企業体制・文化
  • 働きがい・成長
  • 企業の強み・弱み
  • 福利厚生の利用率

口コミサイトは不満があって辞めたい人が多く投稿する傾向にありますのでネガティブな情報が比較的に多くなっております

なので様々な投稿内容を見て総合的に判断する様にしましょう

こっきん
こっきん

口コミサイトは嘘情報を為に、信頼出来る企業が運営している事と投稿数が多いサイトを使う様にしましょう

転職エージェントに相談

エージェントが気になっている企業の情報を持っている可能性があります

また、エージェントに相談する事によって外には出ていたい情報を知れる可能性があり、より深く企業分析が出来ます

具体的にはこの様になります

  1. 単純に企業の良し悪しの判断をしてくれる
  2. 過去に転職した人の意見が聞ける
  3. 求人情報には乗って無い情報が聞ける可能性がある

この様に転職エージェントに相談すると得られる情報が多くなるため相談すると良いでしょう

こっきん
こっきん

相談した時にはその企業について分からなくても優秀なエージェントであればその企業について調べてくれますので気になったら是非相談する事をお勧めします

面接官の態度で判断

面接官の態度や表情でその会社が活気が有って良い企業なのか判断出来るからです  

具体的にはこの様になります

  • 面接官の態度が良い(高圧的では無い)     
  • 面接官の表情が明るい     
  • 逆質問にも的確に答えてくれる

この様な点に注意する事によってその企業がホワイト企業であるか判断出来ます

こっきん
こっきん

面接官の一人が直属の上司になる可能性も十分あり得ますので質問に答えるだけで大変ではありますが、ホワイト企業なのかを判断する最後の砦なので注意して見る様にしましょう

ホワイト企業を見つける時の注意点

ここまで見つけ方を紹介してきましたがここからは注意点について紹介していきます

転職の軸を見失わない

様々な企業を見ていると目移りしてしまいます    

そして気づいたら転職の軸と全く違う企業を見ている事があります    

そうなってしまうと登録しているエージェントから転職軸が決まったいない人と判断され、良い求人を紹介されなくなり、転職成功の道を広げるために自分でも企業探しをしていたはずがエージェントに見捨てられ逆に道を狭くなります

そうならないためにも常に転職の軸を念頭に置き、業界・職種の幅を広げ過ぎな事が重要になってきます

具体的には

  • 転職の軸以外の条件は除外する     
  • 最初に決めた職種・業界に搾って企業探しをする     
  • 転職の軸以外の条件で探す時はエージェントに相談する

この様な事注意してホワイト企業を探しましょう

こっきん
こっきん

私も企業探しの時にどの企業が良いのか分からなくなった事がありました

その時は最初に決めた転職の軸を思い出し軌道修正しました

様々な情報を総合的に見て判断する

今まで紹介した情報収集方法を一つ一つ実行し、そこから得た情報を客観的に見て判断する必要があります

なぜなら、様々なメディアで情報収集する目的はより多くの情報が集める事に加え、一つ一つの情報が正しいか確認するためでもあるからです

なので集めた情報が信頼出来る情報なのか整理しましょう

具体的には

  • 求人サイトの情報と就職四季報の情報で相違点は無いか検証する     
  • エージェントから貰った情報が正しいか面接で確認する     
  • 面接官が言っている事が本当か口コミサイト確認する

この様にある一つのメディアの情報を他のメディアで確認・検証し、同じであれば情報の信憑性が上がり正確な情報の可能性があります

こっきん
こっきん

私の経験上、全ても情報が正確なメディアはありませんでした

しかし、色々なメディアで調べる事で同じ内容があった場合には殆ど間違いがなかった為、一つのメディアだけで判断しない様にしましょう

ホワイト企業を探すのにオススメのメディア

これからはホワイト企業を探すのにオススメのメディアを紹介します

転職サイトはindeedがオススメ

理由は検索が簡単で様々な転職サイトの求人を見る事が出来るためです

また、登録も簡単で一日に何十件も求人メールが届く事も無いのがオススメの理由です

具体的な手順としては

  1. 公式アプリをインストールする     
  2. 個人情報の入力をする     
  3. 転職の軸にあった条件を入力して検索

たった3ステップで様々な求人情報を見る事が出来るので是非、登録して検索しましょう

こっきん
こっきん

私は通勤時間やお昼休みの時間の隙間時間に検索して求人を見ていました

SNSを見る様にサッと流し読み出来る事が魅力の一つになります

就職四季報は電子書籍での購入がオススメ

多くの企業の情報が乗っているため本自体が分厚く扱いづらいためです    

しかし、電子書籍にすると携帯やタブレットでいつでも確認出来るためオススメします

具体的な購入方法は

  1. Kindleのアプリをインストール   
  2. Amazonから就職四季報を購入
  3. Amazonから購入した就職四季報をKindleでダウンロードする

この様な手順で使用する事が出来ます

こっきん
こっきん

電子書籍で購入すると何回見てもボロボロにならないため常に見やすい状態で企業分析出来る事が大きなメリットになります

転職エージェントは大手4社に登録がオススメ

大手エージェントを4社に登録しておけば優秀な担当者に出会える確率が高くなるためです

また、エージェント担当者の良し悪しで使うエージェントを選ぶ事が出来るため4つ登録するのがオススメです

合わせて読みたい

転職エージェントの詳しい使い方についてはこの記事を読んでください

【ホワイト企業転職成功者直伝】転職エージェントの使い方を完全解説

具体的には

  • DODA
  • リクナビエージェント
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア

この4社に登録するのか良いでしょう

こっきん
こっきん

本命エージェント1社と濃く付き合い、他エージェントは薄く付き合う事によりどのエージェントからも情報を引っ張ってこれる状態にしておく事で知れる情報がより増えます

口コミサイトはopenworkがオススメ

多くの企業の情報が掲載があり、登録者数も多く投稿の信頼度は他の口コミサイトより高いためオススメです

ただし4つの方法の内どれかに対応しないと全ての投稿内容を見る事が出来ません

方法全ての投稿を見るための手順ははこの様になります

  • 会社評価レポートの提出
  • 転職サービスに登録する
  • 就活サービスに登録する
  • 有料会員になる

以上のどれかに対応すると全ても投稿を見る事が出来ます

なので是非、登録して使ってください

こっきん
こっきん

オススメは会社評価レポートを提出する事です

文字数は決まってますが自分が所属している又は、していた会社について書くだけですので評価レポートを提出してください

その後転職サービスに登録して履歴書を作成するといつまでも見る事が出来ます

まとめ

まとめはこの様になります

まとめ:ホワイト企業の見つけ方
  • ステップ1:求人情報の内容をチェックする
  • ステップ2:就職四季報で3年後の離職率を確認する
  • ステップ3:口コミサイトで企業内部の本音を探る
  • ステップ4:転職エージェントに相談
  • ステップ5:面接官の態度で判断
まとめ:見つける時の注意点
  1. 転職の軸を見失わない
  2. 様々な情報を総合的に見て判断する
まとめ:ホワイト企業を探すのにオススメのメディア
  1. 転職サイトはindeedがオススメ
  2. 就職四季報は電子書籍での購入がオススメ
  3. 転職エージェントは大手4社に登録がオススメ
  4. 口コミサイトはopenworkがオススメ

この方法を実施し、優良なメディアを使えば必ずホワイト企業に転職出来ますので是非、実践してください

以上になります

最後まで読んで頂きありがとうございました

ABOUT ME
こっきん@ホワイト転職ブロガー
ブラック企業から大手メーカーへホワイト転職に成功させた20代 大手インフラ系企業に就職→地元中小企業に転職(ブラック)→1年かけて業界No.1のホワイト企業へ転職を成功!! ホワイト企業へ転職したい人向けに情報を発信中