ホワイト企業

【ホワイト企業転職希望者必見】ホワイト業界の特徴を完全解説

皆さんこんにちはこっきんです

こんな事に悩んでたりしませんか?

転職希望者
転職希望者

ホワイト企業に転職したいんだけど

その特徴とか有ったりするのかな〜?

この様な悩みを解決します

今、ブラック企業で働いているあなた

いつかホワイト企業で働いてサラリーマン生活を楽にしたいとずっと悩んでいませんか?

かつては私もその一人でした

残業は多い、休みも少ない、いっぱい働いているのに給料は少ないなど不満は多くあると思います

しかし、いざ転職活動を始めようとしてホワイト企業を探そうとしても何が特徴なのか分からないですよね

その様な人のために今回はブラック企業からホワイト企業に転職を成功させた私が考えるホワイト企業の特徴を解説して行きたいと思います

この記事を読めばホワイト企業の特徴が分かり、転職サイトで探す際や転職エージェントに相談する時もホワイト企業の特徴が分かっているので探しやすいし相談しやすいと思います

最後にはホワイト企業が多い業界も紹介したいと思いますので最後まで読んでください

それでは早速結論になります

ホワイト企業の特徴
  1. 残業時間が少ない
  2. 休みが多い
  3. 福利厚生が充実している
  4. 女性が働きやすい環境になっている
  5. 教育体制がしっかりしている
  6. スキルアップのサポートをしてくれる

以上になります

それでは早速解説します

ホワイト企業の特徴6選

前提としてお伝えしておきたいのはホワイト企業の思う基準は人によって違うと思います

バリバリ働いて給料が高い企業をホワイト企業と考える人も居れば、給料は少なくても休みが多い所がホワイト企業と考える人もいます

ここで紹介するホワイト企業の定義はあくまでもワークライフバランスが取れる企業について紹介していきますのでご承知ください

それでは早速解説に移ります

残業時間が少ない

まず一つ目に特徴としては残業時間が少ない事になります

これは誰しもが欲しい特徴では有ると思います

ではホワイト企業と呼ばれる企業は平均残業時間は繁忙期が有ったとしても月の平均で15時間程度である企業が多いです

一般企業の平均残業時間の統計では月で24.9時間というデータもある様なので、これだけ少なければ十分ホワイト企業であると言えるでしょう(参考:doda 残業時間が多い職種は?少ない職種は?
残業時間ランキング2019 【15,000人調査】

これは私が働いている企業も平均15時間程度になっており、一日の残業時間は1時間以下です

なのでホワイト企業の残業時間の目安は月15時間程度と考えておくと良いでしょう

こっきん
こっきん

求人情報が怪しいと思ったら口コミサイトでその企業について

調べてみると本当の残業時間がわかりますので

求人情報と併せてチェックする事をお勧めします

 

休みが多い

二つ目の特徴は休みが多い事です

ホワイト企業は本当に休みが多いです

通常休暇が多いため逆に有給休暇が使い辛いという贅沢な悩みを持っている人もいます

今からホワイト企業の休み日数の目安は120日前後と考えいいと思います

内訳は完全週休二日で104日、祝日で15程度、お盆休み・正月で3〜6日で計算されており

これで大体120前後になります

これに他に有給休暇や夏休み、冬休みを設定しているホワイト企業も少なくありません

なのでこの様な休暇制度が充実している企業はホワイト企業と言えるでしょう

こっきん
こっきん

私の会社では休暇が多いので有給休暇を使い切る人が少ないです

(皆勤勉なんです)なので5日は最低消費出来る様に計画年休という

形でお盆休みや正月を有給休暇で長くして休みを取れせています

福利厚生は充実している

三つ目は福利厚生についてです

福利厚生は法定福利厚生と法定外福利厚生があります

法定福利厚生は雇用保険や健康保険等が上げられます、これは企業が社員に対して必ず対応しなければなりません

そしてもう一つ法定外福利厚生です

これは企業が独自に提供している言わば”社員が働きやすくするための企業からのサービス”と考えて貰ったらいいと思います

ホワイト企業が提供している福利厚生の代表的なものはこの様になります

福利厚生の代表的なもの
  1. 住宅手当または借り上げ社宅制度
  2. 病気:怪我等にサポート制度
  3. 冠婚葬祭等のサポート制度
  4. 確定拠出年金制度の導入
  5. 福利厚生代行サービスの採用(ベネフィット等)

以上の様な制度を取り入れている企業はホワイト企業と言えるでしょう

求人情報にその様な制度があるか確かめてみてください

女性が働きやすい環境になっている

四つ目のとしては女性が働きやすい環境になっているかについてです

女性社員には人生で大きな分岐点として出産と育児があります

そこに対してもしっかりサポートが出来ているのであればホワイト企業であると思います

育児休暇制度や産前・産後休暇制度がどれだけ日数が取れるのかもホワイト企業であるかの基準になってきます

教育体制がしっかりしている

五つ目としては教育体制がしっかりしている事です

なぜ教育体制がしっかりしている企業がホワイト企業と言えるかというと社員に長く働きて貰いたいと思っている企業が多いからです

なので長期的に活躍してくれる人材を育てるために年齢や役職によって様々な研修を行っています

その様な体制が出来ているよ優秀な人が長く働くため、ホワイト企業が保たれるとも考えられます

こっきん
こっきん

私の企業では新人研修が3ヶ月みっちり実施されています

また、勤続年数や役職によってスキルアップ出来る様な

研修が盛り込まれており、働きながら成長出来る環境が

ホワイト企業と言えるでしょうね

スキルアップのサポートをしてくれる

最後の六つ目はスキルアップのサポート制度についてです

これは資格取得がメインになります

例えば営業職の人が簿記を勉強する事によって経理の知識が付き取引先の企業状況によって手段を変える事が出来る様になります

それは企業が効率良く利益を出す事が出来る様になり、結果的には企業にメリットをもたらすためホワイト企業は資格を取りやすい環境を作ってくれてます

例えば資格を受験する際の受験料を会社が負担してくれるなどが挙げられます

この様なサポート体制があればホワイト企業の可能性があります

こっきん
こっきん

ブラック企業の場合は資格は自分の金で取れ

けど取らないと仕事にならないぞと脅してくる

企業もありますので十分注意してください

ホワイト企業が多い業界

最後はホワイト企業が多い業界についてです

ホワイト企業が比較的に多い業界はこの3業界になります

ホワイト業界3選
  • インフラ業界
  • メーカー業界(製造業)
  • 私立大学職員

以上になります

それでは解説します

インフラ業界

一つ目はインフラ業界です

インフラ業界の代表的なものとしては鉄道(JR、東京メトロ)、航空会社(全日空、日本航空)通信会社(NTT、KDDI)等が挙げられます

それらの企業の特徴は参入障壁が高く、高い利益率を保っている企業になります

メリットしては給料水準が高かったり研修制度がしっかりしている事がメリットして挙げられます

デメリットとしてはそもそも転職求人が少ない事と求人が出たとしても競争倍率が異常に高く入社が難しい事がデメリットして上げれられます

メーカー業界(製造業)

続いてはメーカー業界(製造業)になります

代表的なものとしては電機機器(三菱電機、パナソニック)化学(富士フィルム、旭化成)自動車(トヨタ、日産)等まだまだ沢山ありますがイメージはこの様になります

特徴としては製品によっては高い技術力が求めれたり法律でガッチリ守られていたりと高い参入障壁が高くあり利益率が良い企業がある事が特徴です

メリットしては休日が多い、儲かる仕組みしっかり出来ている会社が多い事です

デメリットは給料がかなり高い訳では無い事と良いホワイト企業は求人が少ない事が挙げられます

私立大学職員

続いては大学職員です

これはイメージしやすいと思いますが、大学の中で事務を主に担当している人になります

特徴としては学校法人は国が認めないと設立する事が難しく参入障壁が高い事やゴリゴリの営業活動等が無い事が上げれれます

メリットしては事務作業になるので基本はパソコンさえ分かれば良くて、仕事内容の割に給料が高く休みも多いのがメリットです

デメリットとしては仕事内容が短調で飽きてしまう事と少子化問題をモロに影響を受ける業界であり、今後も高い利益率を出せるか分からない事になります

ホワイト企業の特徴まとめ

今回の内容をまとめるとこの様になります

まとめ
  1. 残業時間の目安は月15時間程度
  2. 休みの目安が年間で120日前後
  3. 様々な角度から社員の生活をサポートしてくれる
  4. 女性社員も長く働ける環境
  5. 年齢や役職によって様々な研修がある
  6. 資格取得などの自己啓発もサポート
  7. ホワイト企業が多い業界はインフラ業界、メーカー業界、私立大学職員

以上が今回のまとめになります

ホワイト企業かどうかも大切ですが一番大切なのは自分の転職の軸に合った企業を探す事になりますのでそこだけは気をつけて転職活動する様にしましょう

終わります、最後まで読んで頂きありがとうございました

ABOUT ME
こっきん@ホワイト転職ブロガー
ブラック企業から大手メーカーへホワイト転職に成功させた20代 大手インフラ系企業に就職→地元中小企業に転職(ブラック)→1年かけて業界No.1のホワイト企業へ転職を成功!! ホワイト企業へ転職したい人向けに情報を発信中